矢島舞美 親知らずを抜いた直後なのに美しすぎる写真を公開

矢島舞美 親知らずを抜いた直後なのに美しすぎる写真を公開

※矢島舞美オフィシャルブログより

今年の6月12日のさいたまスーパーアリーナ公演で解散した5人組アイドルグループ「℃-ute」のリーダーだった矢島舞美が7月14日、親知らずを抜いた一部始終をブログで報告している。

親知らず4本が残っている状態だった矢島は、病院で「どこの歯から抜きますか?」と聞かれ「4本いっぺんには無理ですか?」と返答するも、4本一気に抜くのは危険だということで医師に止められたという。そして、ひとまず歯磨きが難しかった右下の親知らずから抜いたとのことだ。

しっかり麻酔を打って抜歯したということもあり、「全く何にも感じなくなったのー!」とテンション高めの矢島。ブログには、抜いた直後の写真をアップし、

「笑う余裕すらあるし、腫れも全然感じないでしょ??」

と、晴れやかな気持ちだったようだ。

たしかに、全く腫れておらず、何の違和感もないこの写真。ファンたちも、

「どんな舞美ちゃんも美しくて可愛くて見惚れちゃう」
「というか、抜歯の後全然腫れてないし、なんて美人さんなんや!!」
「また抜いてすぐの写真が口の中が血まみれとは思えない爽やかでお美しいお顔立ちで逆に少し笑ってしまいましたよ(笑)」

と、親知らずを抜いても変わらない美しさに驚いていた。

矢島と同じく元℃-uteの中島早貴も、7月に入ってしたの親知らずを1本抜いたことをインスタグラムで報告している。中島は抜歯してから数日は痛みが引かなかったとのことで、あっけらかんとしている矢島とは対照的だ。

ちなみに、矢島は抜歯したその夜、「あまりにもダメージがないから」ということ中島を引き連れて、ハロー!プロジェクトの元同僚である真野恵里菜が出演する舞台「僕だってヒーローになりたかった」を観に行ったという。

関連記事(外部サイト)