猪野広樹、コメディー連ドラの主演に!「企画を聞いただけで笑ってしまいました」

猪野広樹、コメディー連ドラの主演に!「企画を聞いただけで笑ってしまいました」

猪野広樹、コメディー連ドラの主演に!「企画を聞いただけで笑ってしまいました」の画像

俳優の猪野広樹が今夏放送の連続テレビドラマ「D(仮称)」(堀内博志監督)で主演する。放送局はテレビ神奈川、全12話となる予定だ。

猪野は2月7日には日本テレビ「PON!」に「イケメンまとめ“フレッシュイケメン枠”」に取り上げられた注目の若手俳優。2017年にメ?テレ、TOKYO MXで放送のドラマ「スター☆コンチェルト?オレとキミのアイドル道?」で、連続テレビドラマ初主演。現在は、読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「リピート?運命を変える 10 か月?」(毎週木曜)に出演中。3月には舞台「弱虫ペダル」へも出演する。

ドラマ「Dー仮称ー」は、出番が少ない舞台俳優たちの楽屋での様子を描くコメディー。猪野は、序幕とエンディングにしか出番がない新人俳優を演じる。

猪野は「最初、この企画を聞いただけで笑ってしまいました。台本もとにかく良い意味で馬鹿馬鹿しい(笑)。難しいと言われるコメディーですが、『とにかくシュールで笑える』そんな作品に監督や共演者、スタッフさんと共同で楽しく作っていきたいと思ってます」と意気込みを語っている。

関連記事(外部サイト)