松嶋尚美、足の痛みが悪化した長男と病院へ「シーバー病でした」

タレントの松嶋尚美が27日に自身のアメブロを更新。足の痛みが悪化した長男・珠丸(じゅまる)くんと病院へ足を運んだことを報告した。

この日、松嶋は珠丸くんについて「足が痛いらしい」と明かし「痛みが悪化してきたので、クリニックに行ったら、シーバー病でした」と診察の結果を報告。「サッカーを休むのがいいみたい」と説明した。

続けて「後2日はサッカーがしたいらしく、今日テーピングをしてもらいました」と述べ「お風呂上がりに行ってよかったぁ」と安堵した様子でコメント。「そしたら痛みが楽になったようで」と述べ、室内でサッカーをする珠丸くんの姿を公開した。

最後に「やめろーー!!足を休ませろ!!」「マンションやしドタバタするなー!! おいっ!!」と珠丸くんに呼びかけ、ブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)