はるな愛、豪雨の被災地・真備町を訪問「いたるところにゴミのやまが」

タレントのはるな愛が西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備町を訪問

記事まとめ

  • タレントのはるな愛がアメブロを更新、岡山県倉敷市真備町へ訪れたことを報告した
  • はるなは「岡山の真備町へ橋を越えたら世界が変わりました」とコメントし写真を公開
  • 避難所の小学校を訪問し「下着や生理用品」などの支援物資を持ち込んだとを明かした

はるな愛、豪雨の被災地・真備町を訪問「いたるところにゴミのやまが」

はるな愛、豪雨の被災地・真備町を訪問「いたるところにゴミのやまが」

※はるな愛オフィシャルブログより

タレントのはるな愛が15日にアメブロを更新。西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備町へ訪れたことを報告した。

はるなは「岡山の真備町へ橋を越えたら世界が変わりました。」「田んぼも。。。」「いたるところにゴミのやまが。。」というコメントと共に、まだ水が残る街の様子が写った写真やごみの山の写真など被害の甚大さを物語った写真を複数枚、公開。

さらに避難所となっている小学校へ訪問し、校長と話しをしたはるなは、「ストレッチするズボンや半ズボン。。水以外の飲み物や野菜ジュース。。大きいサイズの方の洋服や下着」が足りていないことを報告。自身は東日本大震災や熊本地震の避難所に訪問した際に学んだという、「日焼け止めやヘアブラシや手鏡」「下着や赤ちゃんのお菓子や生理用品」などの支援物資を持ち込んだことを明かした。

また、はるなが運営する店のスタッフは実家が真備町にあるといい、そのスタッフの親戚の家も訪れた様子。「二階の天井近くまで水が」というコメントと浸水被害にあった家の様子も公開し、「住める状態ではありません。。」「粉砕が目に入ったり。気管に入ったり。」「匂いも。。。」と生々しい被害状況をつづった。

はるなは「また時間みつけて伺います。。。」「他の場所にも伺います」とつづり締めくくった。

関連記事(外部サイト)