市川海老蔵が妻・小林麻央の手術終了で涙を我慢する

麻央手術 海老蔵は涙を我慢

市川海老蔵が妻・小林麻央の手術終了で涙を我慢する

市川海老蔵が妻・小林麻央の手術終了で涙を我慢する

※市川海老蔵オフィシャルブログ・ヘッダー

現在がんの闘病生活を続けるフリーアナウンサーの小林麻央(34)が手術を受け、その後回復してきたことをブログで報告した。根治するための手術ではなく、QOL(生活の質)のためのであり、これからも闘病は続く。

「まわりの皆は、
ここまでこられたことが
奇跡だと言ってくれますが、
奇跡をここでは使いたくないです。

奇跡はまだ先にあると
信じています」

このように述べたが、これに対し、夫の歌舞伎役者・市川海老蔵(38)もブログを更新。

「しかし今年の春頃は手術など出来る状態ではなかったのです。

根治手術ではないのですが、

私は本当に心の底から手術が出来て良かったと思っています」

このように語り、手術当日は平静を装ってブログを更新していたが、長時間に及んだ手術には海老蔵も弱ってしまったという。しかし、手術が終わった後は、

「本当によかったと思いました。

執刀医の先生はわたしの人生の中で最高の手術が出来ました!

との言葉。

涙出そうになったけど、

泣けない私がいた」

とその日を振り返った。そして、「必ず治る」とブログを締めた。海老蔵は翌日は2日、温泉に入っている様子を報告したが、小林と共にいずれその温泉に来たい、とLINEでやり取りしたことを明かした。

関連記事(外部サイト)