工藤遥、子供たちの“震えた”行動に遭遇「ルパンレンジャーで良かった」

工藤遥、子供たちの“震えた”行動に遭遇「ルパンレンジャーで良かった」

※工藤遥オフィシャルブログより

元モーニング娘。で現在は女優として活躍する工藤遥が15日自身のアメブロを更新。自身が感動した出来事をつづっている。

工藤によれば、前日仕事帰りに幼稚園の前を通りかかったとき、園児たちが自身が出演する「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のセリフをまねて遊んでいるところに遭遇したとのこと。

「待てー!快盗ぉぉぉ?!」という声が聞こえたかと思うと、入り口から飛び出してきた2人の男の子が自分の目の前で「快盗チェンジ!」と。さらにその後ろから女の子が「ルパンイエロー!!!」と叫んだのだという。

工藤はこの出来事に「震えたよね 本当に泣きそうになったし、もっと頑張ろうって思った そして、思わず子供たちを抱きしめたくなった←」と、この光景に奮い立たされたことを明かした。

ちなみに工藤によれば、これまでロケ先などで出会った子供たちにルパンレンジャーとパトレンジャーのどちらが好きか尋ねると、高確率で「パトレンジャー」と言われてきたのだといい、「地味に堪えていましたが(笑) ルパンレンジャーで良かったってこんなに思った日はありません。明日も頑張ります」と感動するともに改めて気合いも入った様子。

工藤は昨年12月にモーニング娘。'17を卒業。2月11日よりスタートしたテレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ第42作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』で、ヒロイン・ルパンイエローこと早見初美花役を務めている。

この投稿に対してファンからは「スーパー戦隊のヒロインってスゴイ存在なんだね。子供に憧れられる存在ってスゴイよね。おめでとう!」「それは嬉しいー!子供たちの憧れになってるね。」「戦隊ヒーローに憧れてたハルちゃんが、今度は憧れられる立場に…!読んでてホッコリしたし、嬉しくなったよ?。」といった声が寄せられた。

関連記事(外部サイト)