松嶋尚美、娘が運動会で涙した出来事「家でもリビングで走る練習をしていました」

松嶋尚美、娘が運動会で涙した出来事「家でもリビングで走る練習をしていました」

松嶋尚美、娘が運動会で涙した出来事「家でもリビングで走る練習をしていました」

タレントの松嶋尚美が25日に自身のアメブロを更新。長女・空詩(らら)ちゃんが運動会で涙した出来事をつづった。

この日、松嶋は「ララは運動会でした!」と報告。「ダンスはもう春に終わってて、今日は40メートル走のみ!」と述べ、各家庭で1人だけの見学だったといい「ほかの学年も見れず、、、でもあるだけで喜ばないとね!」と前向きにつづった。

続けて、前日の空詩ちゃんについて「公園で猛練習して、家でもリビングで走る練習をしていました」と説明。「今日は待ちに待った本番です!5人で競走です」と述べ、結果については「4位でした」と明かした。

また「4位の旗前に誘導されて、座るなり、涙ポロポロ」と空詩ちゃんの様子を述べ、「私はジェスチャーと口パクで、『もう泣かない…よかったよ』ってやったら、やっと泣きやんだ」とつづった。

最後に「落ち込んで帰ってくると思いきや、お友達とワイワイ楽しそうやったし、安心したわい」と友人と空詩ちゃんの2ショットを公開。「切り替え、立ち直り、早っ!!」と夕食を堪能する空詩ちゃんの姿も公開した。

関連記事(外部サイト)