渡辺美里 カープの帽子をかぶる筑紫哲也を目撃した過去

渡辺美里 カープの帽子をかぶる筑紫哲也を目撃した過去

※渡辺美里オフィシャルブログより

歌手の渡辺美里(50)が、25年ぶりに優勝した広島カープに対する祝福のコメントをブログで発表。25年前の日本シリーズを観戦した思い出をつづっている。

ブログ記事によれば、「18歳の頃からお世話になっているエンジニアさん」と「ずっとお世話になっているパーソナルトレーナーさん」がカープファンなのだそう。そのため毎年のように、「球春到来です!」「鯉の季節です!」という話題を繰り返してきており、

「スタジアムや野外、そして長丁場のツアーに対応でき
よりパワフルに声が出せるように と
『メジャーのゴジラや黒田投手みたいな背筋にしたいです!』
と言ってトレーニングしてもらったこともありました。(笑)」

というほど、広島カープには親しみを感じていたようだ。

そして渡辺といえば、かつて毎年西武球場でコンサートを行ってきたことで知られているが、広島カープが25年前に出場した日本シリーズの相手は、その西武球場を本拠地とする西武ライオンズ。渡辺は、その日本シリーズに足を運んだそうで、

「25年前の日本シリーズでは
前の席に筑紫哲也さんがカープのキャップをかぶって
楽しそうに観戦していらしたことを鮮明に覚えています。」

という思い出をつづっており、

「25年、とっても長く、
そしてあっという間な気がします」

と、感慨に浸っている。

関連記事(外部サイト)