菊池瑠々、神秘的なセルフマタニティフォト撮影に成功し自画自賛

菊池瑠々、神秘的なセルフマタニティフォト撮影に成功し自画自賛

※菊池瑠々オフィシャルブログより

モデルの菊池瑠々が、16日に更新したアメブロで、セルフマタニティフォトに挑戦したという写真を公開している。

今月23歳になった菊池は、2015年に26歳年上のIT会社社長と結婚。2016年5月に第1子女児を出産すると、産後5か月で10kgのダイエットに成功し「BEST BODY JAPAN 2016」スーパーモデルグランプリ2016に輝いた。今年2月に第2子を妊娠したことを発表、予定日は8月20日だという。

菊池は「やっぱりマタニティのお腹も思い出に残したいから綺麗に撮りたいけど、マタニティフォトのスタジオってどうしても高いところばかり」「でも、私はどんどん大きくなるお腹の過程も残しておきたいなと思って...セルフマタニティフォトに挑戦してみました」とコメントすると、実際に撮影したという写真を公開。

「かっこよくてマタニティの神秘的なマタニティフォトが撮りたくて」という菊池は、「普通に寝室のカーテンの中に入ってセルフタイマーで撮りました」とのこと。

公開した写真は「ちょうど17週に入った日」で、「我ながらセルフには思えない仕上がりに満足してます笑」と自画自賛。「これを毎月くらいのペースでお腹を記録していけたらなって思ってます」「るなも一緒に写りたいんだけど、セルフタイマーのタイミングに絶対会わないだろうな笑 今度挑戦してみよ」と、長女も一緒に写ったマタニティフォトに挑戦することを意気込んだ。

関連記事(外部サイト)