亀田興毅 市原隼人の友情に涙、熱い2ショット公開「最高の漢」

亀田興毅 市原隼人の友情に涙、熱い2ショット公開「最高の漢」

※亀田興毅オフィシャルブログより

元プロボクサーの亀田興毅(30)がブログで、俳優の市原隼人(30)との友情について、つづっている。
「隣にいてるだけで茹で上がるのではないかというぐらい熱くて最高の漢、その名は市原隼人…」

と切り出すと、8年ほど前、「あの当時亀田を応援するものは悪く言われるというぐらいの少し変わった現象に陥っていた」時にも、市原は「堂々と応援に来てくれ」たそうで、「嬉しくてこっそりと涙した」と振り返る。そんな市原は、AbemaTVの一周年企画番組として今月7日に開催された、「亀田興毅に勝ったら1000万」にも駆けつけてくれたといい、亀田は

「今回俺は最初で最後のリングに上がると言うと間髪入れずに観に行くと。
そしてドラマなどの撮影で連日多忙のスケジュールの中この漢は駆け付けてくれた。最高の漢で熱すぎる漢…」

と男らしい市原への感謝をつづり、2ショットを公開した。

同企画は引退から約1年半経過した亀田と、体力や筋力に自信のある一般男性4人による対決企画で、タイトル通り、挑戦者の4人は「亀田興毅に勝ったら1000万」を獲得するという仕組み。インターネット上で大きな話題を呼んだこの試合において、亀田は苦しみながらも勝利をおさめた。

熱い2ショットに、ファンからは

「市原さん、素敵な方ですね。」
「いい漢!!」
「ステキです!」

などのコメントが寄せられた。

関連記事(外部サイト)