ももクロ佐々木彩夏 有安杏果の卒業を残念がるが「なんの迷いもないよ」

ももクロ佐々木彩夏 有安杏果の卒業を残念がるが「なんの迷いもないよ」

※佐々木彩夏オフィシャルブログ・ヘッダー

ももいろクローバーZ の有安杏果が、21日に千葉・幕張メッセで行われるライブをもって同グループから“卒業”することを発表した。これを受けて最年少メンバーの佐々木彩夏がアメブロでコメントしている。

佐々木は、「モノノフのみんな心配させちゃって、悲しませちゃって、戸惑わせちゃってごめんね」とまずは、ファンに対してお詫び。モノノフとは熱心なももクロファンのことだ。

佐々木自身も有安が抜けることに対しては寂しいとしつつも、「でも、これからの杏果の幸せな未来を応援したいな。同じ夢を追いかけた仲間だもんっ 私達も、私達の次のステージに進む!これからもこの先にあるまだ見えないものを見るために!寄り添って歩もうと思ってくれる、私たちを必要としてくれるモノノフのみんなと共に進むために!」と今後について意気込みを述べ、さらにこう続けた。

「次のステージに杏果と一緒にいけないのは残念だけど杏果に、ももクロのメンバーだったことをずっと誇りに思ってもらえるようにも頑張らなきゃ。なんの迷いもないよ。モノノフのみんなと進むー!」

このように、有安のためにも頑張ることを誓い、ツーショット写真を公開している。

これに対して読者からは多数の思いが寄せられており「5人のももクロが数々の夢を叶えたくさんの人たちに感動と勇気を与えてくれたこと、これは揺るぎません」「杏果もこれからの4人も前に進もうとしているんだ。という前向きな気持ちになれました」「走り続けるメンバーを精一杯応援します」など、それぞれの思いをコメントに託している。

有安は2009年7月26日、『スタ☆フェス Vol.006』にて、ももいろクローバーに加入。キャッチフレーズは「ちょっぴりおバカな、小さな巨人」だった。15日、自身のブログにて卒業することを発表。21日の幕張メッセ公演をもって、所属事務所、スターダストプロモーションとの契約を終了し、ももクロは今後4人で活動することとなる。メンバーが抜けるのは2011年の早見あかり以来。この時は「ももいろクローバーZ」にグループ名を変更した。

関連記事(外部サイト)