福田萌、息子が夜中に高熱&鼻血 #7119に助けられる

福田萌、息子が夜中に高熱&鼻血 #7119に助けられる

※福田萌オフィシャルブログより

タレントの福田萌が16日、自身のアメブロを更新。#7119に助けられたエピソードをつづった。

#7119とは急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口として利用できるもの。相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応している。

「ある日の午後、1歳の息子が高熱が出て、症状からインフルエンザっぽいな〜明日の朝イチで小児科に行こう!と考えていました」とブログを書き始めた福田。「というのもその日に限ってかかりつけの小児科は午後休診で。近くの一般内科に行くことも頭をよぎりましたが、小児は普段受け付けていないため少し気おくれしてしまい…」とその日のうちに病院に連れて行くことは断念したという。

しかし「その日の夜中、布団に鮮血がついていて焦りました。鮮血の原因は息子が鼻血を出していたこと」と報告。「ネットを見ているうちに、インフルエンザに赤ちゃんがかかって脳症になる、死に至る…出てくる出てくる恐ろしい記事が…。息子はいま、もしかしたら一刻を争う状況なのでは?体温計は38.9℃」と不安な胸中をつづった。夫のオリエンタルラジオ・中田敦彦に相談したところ、#7119に相談することを提案されたという。

#7119に電話したところ、女性の看護師が対応し息子の様子を伝えると「「いまは大丈夫かと思いますので明日の朝、小児科を受診してくださいね」と優しく声をかけていただきました」という。福田は「それで私はホッとして、ようやく落ち着きを取り戻しました。こんな夜中(4時くらい)に専門的な視点で言葉をかけてもらって、本当に本当に本当に助かりました。このシステムに感謝しきりです」と謝辞を述べた。現在の息子の様子については「その後小児科から薬をいただきました。いまは熱も下がって、家で元気いっぱいに過ごしています!」と快方に向かっていることを報告した。

関連記事(外部サイト)