大渕愛子 次男の“頭の形矯正ヘルメット”治療経過を報告する

大渕愛子 次男の“頭の形矯正ヘルメット”治療経過を報告する

※大渕愛子オフィシャルブログより

弁護士の大渕愛子(39)が自身のブログで、次男のヘルメット治療の経過を報告している。

赤ちゃんの頭の形を矯正するヘルメット治療を次男に施している大渕。先月末から治療を開始し、ヘルメットを着けて遊んでいる様子や、ヘルメットを着けたままでは寝にくい様子であるという悩みをつづっていた。

14日は治療開始後初の診療だったといい、まずは

「ヘルメットを着用していた時間を毎日記録しているのですが、その記録を提出したところ、先生に「いいですね」と言って頂きました。」

と報告。着用時間は「1日23時間が目標」だが、実際は20時間くらいになっている状況とのことで、

「朝と晩にヘルメットと頭のケアの時間を長めにとっていて、途中も2?3回外して、頭を拭いて乾かしたりしているので、着用時間は1日20時間くらいになることが多いのです」
「先生は、1日23時間が目標ではありますが、20時間でも十分効果はあります、と仰ってくださり、ほっとしました」

と一安心した様子で、

「頭の形については、「(絶壁部分)少し出てきましたね!」とのこと
少しですが、見て分かるくらいの効果が出てきて、嬉しいです」
「引き続き、昂生とともにがんばります」

とつづり、アンパンマン柄のヘルメットを着けた息子の写真を公開している。

ファンからは、

「少しでも、改善されて本当に良かった????」
「ヘルメット治療、順調で良かったですね。アンパンマン、かわいいですね」
「少しでも、丸くなってほんとに良かったですね」

といった声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)