高垣麗子 愛犬が赤ちゃん返り、スキンシップの必要性など痛感

高垣麗子 愛犬が赤ちゃん返り、スキンシップの必要性など痛感

※高垣麗子オフィシャルブログより

モデルの高垣麗子が自身のブログで、愛犬の“赤ちゃん返り”についてブログでつづっている。

高垣は2015年3月に音楽プロデューサーの森田昌典と結婚、今年3月に第一子の妊娠を発表し、7月27日に第一子となる女児を出産した。7月31日に退院したという高垣は、帰宅を前にさくぽてこと愛犬のさくらとぽてこの様子を心配。

特にさくらは妊娠中から赤ちゃん返りになっていたようで、赤ちゃんを見たらさらにいじけてしまうのではと気がかりだったそう。帰宅時はいつものように2匹は尻尾を振ってお出迎えしてくれたといい、赤ちゃんを不思議そうに見ていたとのこと。

さくらとぽてこの反応を伺うと、さくらは覚悟をしていたのか、意外にも更にいじけちゃうわけでもなく「ほらね、やっぱりね...」といった感じで、甘えには来るが冷静で落ち着いていたという。高垣も、

「そんな姿がたまらなく愛おしくて、胸がきゅん...
性格的にガマンしちゃう方なので、これからもスキンシップを忘れずにしてあげないとと思いました。
お利口さんです。」(原文ママ)

と愛しく感じたようだが、一方のぽてこは妊娠中はいつも通り伸び伸びと過ごしていたにもかかわらず、

「赤ちゃんの存在に
聞いてないよ!
誰なの!
ずっと居るの!?
自分が1番末っ子がイイよーーーー
とでもまるで言いそうなくらいソワソワ
で、いじけた.......
で、私の膝に乗ってきたりやたらと甘えてくるように...」

と突然の赤ちゃん返り。高垣は、

「これからは赤ちゃんがメインの生活になるから、赤ちゃんが寝ている隙にさくぽてとの時間を作ったり、仮眠したりと上手に育児ができたら理想的なのだけど。。。。
私の身体もまだ本調子ではないし、予想以上にハードな日々になりそうな予感...

でも、そんな中でも忘れたくない一瞬一瞬があると思うので、できるだけBlogやInstagramに残していけたらと思っています。」

とコメント。これからは赤ちゃんと愛犬のお世話とハードな日々になりそうだが、上手にやっていきたいとつづっている。

関連記事(外部サイト)