北斗晶 カナダで発見した「透明なケーキ」を食べてみたことを報告

北斗晶 カナダで発見した「透明なケーキ」を食べてみたことを報告

※北斗晶オフィシャルブログより

タレントの北斗晶が1日に更新したブログで、カナダの透明なケーキを紹介した。

7月27日のブログで、北斗は夫・佐々木健介と2人でカナダに留学中の息子のもとを訪れていることを記していたが、この日はナイトマーケットに行ったことを報告。屋台が並んでいる恐竜のモニュメントなど、かなり大規模なものに大興奮で、光る電球の容器に入ったジュースを買ったりして楽しむなか、お目当ては長男の友達から噂を聞いていた「透明なケーキ」。

その透明なケーキとは、メニュー表に「Mizu Shingen Mochi」と書かれており、実は日本でいう「水信玄餅」をうたったもの。しかし北斗は、

「きな粉と黒蜜で食べる、日本の和菓子みたいですが…
外国の人から見たら…
これが透明なケーキなんだね?。
これは、お水のゼリーみたいです」

と報告しており、“本来”のものよりやや固め(?)という印象をもっているようだ。ただ、これを「透明なケーキ」と表現すると気になってしまうのは確かで、

「ちょっと面白いアイデアでした
何かに使えるぞーこれ」

とその斬新なネーミングを面白がっていた。

関連記事(外部サイト)