杉浦太陽、10年越しで背骨の圧迫骨折が発覚「腰痛かと思ってたら、、、」

杉浦太陽が、10年越しに背骨の圧迫骨折が発覚したと報告 「激痛に耐えた」

記事まとめ

  • 杉浦太陽がアメブロで背骨の圧迫骨折が発覚したことを報告した
  • 10年以上前に階段から落ちたときに背骨を打って救急車で運ばれたが帰らされたという
  • 時間が経っていて治すことはできず、「腰痛の様な違和感と一生のお付き合い」だという

杉浦太陽、10年越しで背骨の圧迫骨折が発覚「腰痛かと思ってたら、、、」

杉浦太陽、10年越しで背骨の圧迫骨折が発覚「腰痛かと思ってたら、、、」

※杉浦太陽オフィシャルブログより

俳優の杉浦太陽が、1日に更新したアメブロで、背骨の圧迫骨折が発覚したことを報告した。

この日病院で検査を行ったという杉浦。血液検査やレントゲンなど一通りの検査を終えて帰ろうとしたところ、背骨が圧迫骨折していることが発覚したと明かした。

「どうやら、、、10年以上前に階段から落ちたときに背骨を打って、救急車で運ばれたのですが、骨は折れてないというから、帰らされ…激痛に耐えて自然治癒させたのですが…いまレントゲン見たら、背骨の一つが圧迫骨折してるとのこと。」と、完治していなかったことが分かった様子。

杉浦自身も「だから腰骨の上の骨がずっと違和感あったのか…腰痛かと思ってたら、、、なるほどね。骨に痛みはないけど、背骨の一つの骨が潰れて変形しちゃってる感じ。」と、違和感があったことをつづっている。

しかし時間が経っていることで治すことはできないといい、「マジか… この腰痛の様な違和感と一生のお付き合いだ。イスに真っ直ぐ座る体制がキツいんだよなぁ…」とブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)