平祐奈 主演映画「みせコド」クランクアップで「抜け殻状態です」

平祐奈 主演映画「みせコド」クランクアップで「抜け殻状態です」

※平祐奈オフィシャルブログより。

女優・平祐奈が、主演する映画のクランプアップを自身のブログで報告した。平は、

「いつも作品を終えるとこういう感覚になってしまうんです…。
抜け殻のように"無"なかんじ。
みせコドの世界の余韻に浸ってます」

とコメントし、『未成年だけどコドモじゃない』(東宝)がクランプアップしたことを報告した。同作は12月23日公開、世間知らずなお嬢様・折山香琳とその一目ぼれの相手・鶴木尚との高校生カップルの結婚生活を描く物語。

ヒロイン・折山香琳を18歳の平、鶴木尚を23歳のSexy Zone・中島健人が演じる。
夏休み1か月を使って撮影に臨んできた平は、

「香琳としてさまざまなことにチャレンジさせて頂いて、みせコドの世界と向き合えて、幸せでした
色で表すと、黄色のピンクの世界です!」

とその感想をつづった。これを見たファンからは、「祐奈ちゃんのお嬢様の姿、今からすごく楽しみにしてます!」「カリンちゃんが祐奈ちゃんにとってもぴったりですっごく楽しみになりました♪」「皆さんが、ゆうなちゃんが丹精込めた作品を受け取れることとっても楽しみ」と、公開を楽しみにする声が多数寄せられた。

同作は、水波風南作のコミックが原作。作者の水波氏もクランクアップしたことについて「本日クランクアップ、本当に本当にお疲れ様でした! 一度しか見に行けなかったことが悔やまれますが、完成を楽しみに、自分にできる仕事を致します。どうか多くの人に愛される映画となりますように」とツイートし、出来上がりを楽しみにしている。

関連記事(外部サイト)