宮崎謙介、息子の料理の分量を少なくする理由「味にうるさくなりすぎると困る」

宮崎謙介、息子の料理の分量を少なくする理由「味にうるさくなりすぎると困る」

宮崎謙介、息子の料理の分量を少なくする理由「味にうるさくなりすぎると困る」

元衆議院議員・宮崎謙介が20日に自身のアメブロを更新。息子の分の料理を少なくした理由を明かした。

この日、宮崎は「今夜の仕込み」と切り出し、料理について「『スタミナつけろや、金子さん』がテーマです」と冗談まじりにコメント。「非常に美味しそうなお肉をいただきまして」と明かし、仕込みをする様子を公開した。

その後更新したブログでは「作ったものは、ビーフカレーでした」と写真とともに報告。「とても良い肉を使わせてもらったので息子の分は少しにします笑」と述べ「味にうるさくなりすぎると困る」と理由を補足した。

さらに、妻で元衆議院議員の金子恵美から「田子のにんにくは臭わないから!」と言われたといい「丸々ひと玉いきました笑」と説明。最後に「味見をしましたが、大満足の出来でした」とつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「お店のオシャレなカレーみたい」「そりゃスタミナ付きます!」「ビーフカレー美味しそう」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)