野田聖子氏、息子が11歳を迎え感無量「生き続けるだけで、親孝行」

野田聖子氏、息子が11歳を迎え感無量「生き続けるだけで、親孝行」

野田聖子氏、息子が11歳を迎え感無量「生き続けるだけで、親孝行」

衆議院議員の野田聖子氏が5日に自身のアメブロを更新。息子・真輝くんが11歳を迎えたことを報告した。

この日、野田氏は真輝くんについて「11歳になります」と報告し、「感無量」とコメント。「生き続けるだけで、親孝行」と述べ、「ひとりで出来ることも、増えたし。もうひとりでシャンプーしとるし。パパとママ、どっちが好き?と尋ねたら、どっちも!と気をつかうし」と成長を実感している様子でつづった。

続けて「毎日めちゃ叱るのは、心配だからよ。わかってね」と呼びかけ、「いてくれるだけで、鉄母は前進できるよ」とコメント。「嫌いを全て受容する人生に、敬意。本当にありがとうございます、小悪魔な天使!」と真輝くんへの感謝をつづった。

また「今晩も寝るの早っ」と述べ、眠っている真輝くんの姿や「冬休み 先輩に誘ってもらい、パン教室!」とパン教室での真輝くんの写真を公開。最後に「今年も、吠えるぜ!」とつづり、ブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)