保田圭 夫の故郷でマタニティフォト撮影、「毎年家族写真を撮れたらいいなぁ」

保田圭 夫の故郷でマタニティフォト撮影、「毎年家族写真を撮れたらいいなぁ」

※保田圭オフィシャルブログより

タレントの保田圭が16日に自身のアメブロを更新、マタニティフォトを撮影したことを明かした。

撮影したのは、エッセイ『美ブス婚』の表紙を撮ったカメラマン。保田は、夫の故郷である名古屋のスタジオでマタニティフォトの撮影を行ったことを明かすと、「すっごく可愛いスタジオで… 優しい雰囲気で 撮って頂きましたよ」「素敵なスタッフさん達に囲まれての 和やかな撮影Timeでした」などとと喜ばしげに報告。「写真の出来上がりが 楽しみだなぁ」と今から完成が待ちきれない様子だ。

更に、撮影の背景として使用した黒板に保田と夫の名前が入っていたり、スタジオの入り口のウェルカムボードにも名前が入っていたりと、小さなサプライズが幾つかあったようで、「お心遣いに感激です」と感謝を綴り、「毎年主人の故郷に帰るので… そのたびに
ここで家族写真を撮れたらいいなぁ」という願望も。

ファンからは「マタニティフォトいいですね!!」「順調にベビーちゃん育ってるようで、よかったね。」「写真が出来上がったらぜひblogにも載せて下さいね!」などのコメントが寄せられた。
保田は、2013年に料理研究家の小崎陽一氏と結婚。その後長きに渡る妊活を経て、今年7月に第一子の妊娠を発表、来年の年明けに出産予定。

関連記事(外部サイト)