近藤千尋 乳腺炎で救急病院、39.6度の高熱になったことを告白

近藤千尋 乳腺炎で救急病院、39.6度の高熱になったことを告白

※近藤千尋オフィシャルブログより

 モデルの近藤千尋(27)が自身のブログで、乳腺炎になったことを報告している。

 2015年9月、お笑いトリオジャングルポケットの太田博久(33)と結婚し、今月4日、第1子女児を出産した近藤。頭痛と熱で救急病院に行った結果、乳腺炎になっていたとのことだ。体調が苦しい状態が続き、一日寝ていたと振り返る近藤は、18日のブログで、

「熱はどんどん上がって39.6度。。。
インフルエンザ並の高熱
授乳をしてる時だけ辛くないのは
娘の癒し効果だろうなぁ」

とママらしさを見せ、

「本当に本当に辛かったけど
今はだいぶ熱も下がってきました」

と一安心。そしてファンに対しては、

「乳腺炎、ほんとに辛いです。
授乳中のみなさん、気を付けて下さい!」

と注意を呼び掛けている。

関連記事(外部サイト)