あびる優・福田萌 子育て奮闘中の苦悩訴える「なんで私だけ」

あびる優・福田萌 子育て奮闘中の苦悩訴える「なんで私だけ」

※あびる優オフィシャルブログ・ヘッダー

 タレントのあびる優(30)と福田萌(31)が自身のブログで、子育ての大変さを吐露し、共感の声が多数寄せられている。

 あびるは自身のInstagramおよびブログで、

「我が家は基本的に家事育児全般は私担当。
娘はかわいいけど、やっぱり『なんで私だけ、、自由に眠れない、自由に外出できない、常に家事育児と奮闘しなくちゃいけないの、1人の時間がないの』って、心身の不満が爆発寸前 もしくは爆発する時があります」

と、育児にまつわる苦悩を告白。夫が子供をお風呂にいれている写真を公開しながら、

「今は女性も多く社会に働きに出てる時代だし、私のまわりには特に共働きの家庭が多いので、『女性が家事育児をして当たり前・女性は黙って家を守ってろ』みたいな、そういった世の中の男性や社会の考えが少しずつ変わってくれたらいいなぁと思う。」
「夫婦2人の大切な子供だから、パパが育児するのも当たり前。家族の大切なおうちだから、家事も家族でシェアしながらやるのが当たり前がいいと思う
ましてや共働きの夫婦なら尚更ね」
「世の中の旦那さま、パパ達、家事育児の協力はもちろん、もっともっとママに自由時間を与えてあげて下さい P.S.そんな事語りましたが、我が家も全然まだまだで、前進あるのみです。笑笑」

と家事や育児について、男性の協力も欲しいという考えをつづった。これに対しファンからは、

「本当に共感すぎます!二人目妊娠中で、ましてや今、臨月だから、尚更思います!」
「みんな思う事は一緒なんですね。私も同じことを思ってイライラすることが多いです。」
「こうやって書いてくれるのありがたいです!母としてあびる優ちゃん尊敬してます」

と共感の声が多数寄せられた。これを受け、あびるは改めて記事を更新。

「数時間にも関わらず、 たくさんのコメントを拝見して、私も色々感じられました」
「この2年間で私達なりに工夫して来ましたが、これからも夫婦家族で相談しながら協力し合って自分達の家庭を築いていかないといけないなぁと改めて考えさせられました」
「ライラするしモヤモヤするし、愚痴も吐きたくなるけど、娘の成長を見守るのは何よりもの宝物なので、愚痴を吐きつつ(笑)息抜きしつつ、手抜きしつつ、家事育児に奮闘しようと思います」

など。ファンからの声に力づけられたとつづっている。

 また同タイミングで、福田も同様の投稿をしており、

「子供は可愛いです。
外でパパがしっかり働いてくれないと
家庭が回らないのも
よく理解してます。」

と前置きをしたうえで、

「娘の相手をしてヘトヘトになっているとき、
あるいは、息子の授乳なんかで夜中に起きたとき、
極限状態になった私の頭に
「なんで私ばっかり…」
という言葉が浮かんできたことは
正直に言うと、一度や二度ではありません。」

と心境を吐露。福田がたどり着いた結論は、「眠りたい」というものだったという。

「実は夫に一番して欲しかったことは
私をゆっくり寝かせてくれること。
自分の好きな時間に寝て起きる…
この数年、それが一番したかったんだ!
という結論にようやく辿り着いたのです。」
「旦那さん。
「月に1回、奥さんを一人で思う存分寝かせてあげる」
という日をぜひ作ってあげてください!
なかなか「寝たい」気持ちって
理解されなくって辛いんです。
でも、毎日どれだけ寝れてないか、
誰かに起こされて消化不良の睡眠がどれほど辛いか、
思いを共有するだけで奥さんの気持ちが
ふんわり軽くなるはず!です。」

と投稿した。

 あびるは2014年、格闘家・才賀紀左衛門(28)と結婚。2015年に第1子となる女児を出産している。福田は2012年、オリエンタルラジオの中田敦彦(34)と入籍。2013年第1子女児を出産し、2017年1月、第2子男児を出産している。

関連記事(外部サイト)