小林麻央 胸のしこり発見時の不安と後悔つづる「自分を責めた」

小林麻央 胸のしこり発見時の不安と後悔つづる「自分を責めた」

※小林麻央オフィシャルブログ・ヘッダー

歌舞伎役者・市川海老蔵(38)の妻・小林麻央(34)が自身のブログで、胸にしこりを発見した時の不安を告白した。

2014年2月に受けた人間ドックで左乳房に腫瘍が見つかった当初は、癌の可能性は「五分五分」だと言われ、その後の再検査の結果、癌を疑うようなものではなく生検も必要ないが、念のため半年後にもう一度検査することをすすめられたという。

小林によると半年後の検査は8月頃を予定していたが、忙しかったために検査を先延ばしにしてしまっていたなか、何気ない時に左胸を触るのが癖になっていたという。そして10月のある日、息子と遊んでいる時にいきなりパチンコ玉のような左胸のしこりに触れ、どきっとしたとのこと。その時のことを小林は

「いきなり
本当にパチンコ玉のようなしこりに
触れたのです。

なんだこれ。
心臓が音をたてました。」

と明かす。しこりは悪性だと動かないが良性だと動くということを耳にしていた小林は、

「ただ、
動いて欲しいので、
無理やりでも動かすように
思いっきりしこりを押しました汗
必死です。
だんだん、
おもちゃの音も、
息子の声も、遠のいていきました。」

と、その時の焦りや不安を振り返った。そして、すぐに診察の予約をいれたものの、

「どうしよう。
やってしまった。
8月だったのに。
8月だったのに。
半年後は8月だったのに。」
「そんな思いが
とめどなく襲ってきて、

自分を責めました。」

と、後悔が襲ってきて、自分を責めたことを赤裸々につづった。

また発見時のことについては夫の海老蔵もブログで触れながら、

「繰り返します
繰り返しますが
時はもどらない、
だから
いまを大切にします。
決して遅くはないと思います。
いつでも諦めない事が大切と思います。」

と、苦しい中でも前を向く決意を記している。

関連記事(外部サイト)