高橋メアリージュン『コウノドリ』最終回に再登場 ナオト・インティライミとの“夫婦”ショットも公開

高橋メアリージュン『コウノドリ』最終回に再登場 ナオト・インティライミとの“夫婦”ショットも公開

※高橋メアリージュンオフィシャルブログより

モデル・女優の高橋メアリージュンが19日、TBS系ドラマ『コウノドリ』の最終回にゲスト出演することをアメブロで発表した。

同作は作家・鈴ノ木ユウ氏の同名漫画を実写ドラマ化した作品で、2015年に第1シリーズ、2017年10月13日から第2シリーズが放送。産婦人科を舞台に、俳優・綾野剛演じる主人公の産婦人科医・鴻鳥サクラが「妊娠」「出産」を通して生まれる人と人との結びつきや葛藤を描く。

高橋は第3話で産後うつになってしまったキャリアウーマン・佐野彩加役を演じた。その際に「私が演じた役は決して大袈裟じゃなくて、世の中には同じような想いをしている、してきた人達がたくさんいて、実際に産後うつにかかってお亡くなりになられた方々もいます」と述べ、「ドラマを見て少しでも誰かが救われますようにという想いで演じさせて頂いた」とブログでつづっていた。

今回の再登場について高橋は「佐野家のその後を気にかけて下さってる方がたくさんいらっしゃるとの事で叶った【Reクランクイン】です。ありがとうございます!」と感謝を述べ、「是非ご覧下さい」と、夫役で歌手・俳優のナオト・インティライミと赤ちゃんとの3ショットを公開した。

【関連記事】
・コウノドリ最終話に出演します。(高橋メアリージュン オフィシャルブログ)
・高橋メアリージュン「産後うつは誰にでもなり得る病気」 『コウノドリ』ゲスト出演を振り返る
・ナオト・インティライミと夫婦役で『コウノドリ』に出演「色んな再会があって嬉しい」
・奥山佳恵、『コウノドリ』共演の綾野剛から嬉しい言葉「コシヌケルーーー! 」と絶叫
・『コウノドリ』原作者が妊婦のお腹に“マタニティアート”「これで安産間違いなし!」