上田まりえアナが6ヶ月連続の身体検査報告、パンパン状態脱出

上田まりえアナが6ヶ月連続の身体検査報告、パンパン状態脱出

※上田まりえオフィシャルブログより

フリーアナウンサーの上田まりえ(30)が、今年1月から継続している身体測定の【6月】版をブログで発表した。上田は2016年に日本テレビを退社し、フリーになった。その後、マツコ・デラックス(年齢非公開)からそのあけすけなキャラがホメられ、現在売れっ子となっている。そんな上田らしく、公開した情報は表にするなどサービス精神旺盛である。

今年1月のウエスト(くびれ)は63.0cmだったが、以後61.5→60.0→60.0→60.0と来て、6月に59.0となったのだ。他にも尻(89.0→87.0)、「太もも(右)(51.0→49.0)」、「太もも(左)(49.0→48.0)」と全体的にダウンサイズした。これに上田は大喜び。

「ウエストがついに60センチを切りました!!
夢みたいです…

もちろん見た目重視なので、数字はあくまで目安です。
理想のボディラインには、まだまだ…!!
ただ、数字が結果としてついてきてくれるのは、やっぱり嬉しいです。」

そして、体を前後横の3方向から写したほっそりとした写真を公開。さらには、昨年のもっともパンパンだった時期の写真まで公開するなど、サービス精神を発揮している。

今回のダウンサイズで良かったことは、6年前に購入したXSサイズのジーンズをついに初めてはくことができたことだ。上田はバンザイのポーズをして大喜びをしている。

これから夏になり、代謝があがるため、トレーニング中の上田はさらに効果が出ることを期待している。5月の報告の時は、「右の二の腕が1?も増えてる」と焦り気味だったが、4月以降荷物が増えたことが原因という結果になったようだ。6月の報告では全面的に幸せそうである。

関連記事(外部サイト)