小柳ルミ子、愛車・ベンツのエンジンがかからず反省「ごめんね」 半年前にも

歌手の小柳ルミ子が19日に自身のアメブロを更新、自身の愛車のエンジンがかからなくなってしまったことを明かした。

今年は6月にも、「エンジンをかけようとしたら うんともすんとも言わない」としてブログを更新していた小柳。その際はガソリンスタンドにいたようで、「スタンドの方に聞いたら バッテリーが上がったのではないか と言うので やって下さってる」とその場で対処してもらったといい、みてもらっている愛車・ベンツの写真を公開していた。

そしてこの日、「1週間前 ルルをピックアップに行く為 車に乗ろうとしたら 又々 エンジンが かからなかった」と再びエンジンのトラブルがあったことを告白。すぐにヤナセの担当者に電話をしたところ、代車とともに飛んで来てくれたそうだが、点検の結果は「何処も悪くない」。

続けて、「考えられるのは… 「車をあまり動かしてないのでは…」 と言う事だった 時々 エンジンをかけて上げなきゃバッテリーが上がってしまうのだ」(原文ママ)と説明されたことを明かし、「納得!! この数ヶ月間 愛車に 殆ど 乗ってなかった」と自ら納得した様子だ。最終的に「愛車よ ごめんね これからは 注意するね」と愛車に謝罪するとともに、「ヤナセさん 有難うございました!!」と迅速な対応をしてくれたヤナセに感謝を記した。

ファンからは「愛車、大変でしたね...。」「機械に弱いなんて… 「女の子」らしくて カ?ワイイ」「車も寂しかったでしょうね。」「愛車」もかまってあげないと元気なくなっちゃうよね」などの声が寄せられていた。

関連記事(外部サイト)