瀬戸朝香、出演中のドラマ『きみ棲み』みて「泣いてしまった?」

瀬戸朝香、出演中のドラマ『きみ棲み』みて「泣いてしまった?」

※瀬戸朝香オフィシャルブログより

女優の瀬戸朝香が20日、自身のアメブロを更新。出演中の火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)の第5話を振り返り、集合ショットを公開した。

『きみが心に棲みついた』は、天堂きりん氏による同名漫画を原作としたテレビドラマ。自己評価が極めて低いために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ)が、吉崎幸次郎と星名漣という対照的な魅力を持つ2人の男性の間で揺れ動く恋愛ストーリー。

ドラマでは今日子を女優の吉岡里帆が演じ、吉崎と星名を俳優の桐谷健太と向井理がそれぞれ演じる。瀬戸は今日子の姉御肌の先輩・堀田麻衣子役を演じている。

「本日22時は…『きみが心に棲みついた』6話です」と切り出した瀬戸。2月13日に放送された第5話のラストでは、今日子の想いが吉崎に届く展開になったことから「5話の最後…2人のやりとりに感動して泣いてしまった〜」と明かし、「そんな2人に、、どんな展開が繰り広げられるか、6話を是非ご覧ください」とアピールした。

続けて瀬戸は「私が演じる堀田も、新ブランドのプレゼンに向けて八木とぶつけ合うシーンもあり、見応えのある回になってます」と、プライベートでは親友でもあり、同ドラマに関西弁の厳しいデザイナー・八木泉役で出演する鈴木紗理奈との共演についても言及。吉岡や鈴木らとの和気あいあいとしたオフショットも公開し、「撮影も残す数日…最後まで全力で突っ走ります」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)