有村昆・丸岡いずみ夫妻 代理母出産で第一子男児が誕生

有村昆・丸岡いずみ夫妻 代理母出産で第一子男児が誕生

※丸岡いずみオフィシャルブログより

フリーアナウンサーの丸岡いずみが23日、海外での代理母出産で第一子となる男児が誕生したことを自身のアメブロで報告した。

丸岡は2012年に映画評論家の有村昆と結婚。その後、2度の流産を経て代理母出産を決意し、2016年にロシア在住の代理母と契約を結んでいた。

丸岡は、「この度、私たち夫婦の凍結受精卵を用いた海外での代理母出産で 2018年1月3日(現地時間)に3400グラムの元気な男の子が生まれました」と報告。「我が子に対面した時の感動は言葉では言い表せないほどのもので、夫と共に大泣きしてしまいました」と振り返った。

代理母出産に関しては「もちろん様々なご意見があると思います」としたうえで、「今後も子供の成長を温かく見守って頂ければ幸いです」とつづった。これまでの経緯については、本日発売の『婦人公論』(中央公論新社)に掲載されているという。

丸岡はブログの最後でスタッフや関係者に謝辞を述べるとともに、育児への不安も正直につづり、「できればこのブログを通して、子育ての先輩方から色々と教えて頂ければ嬉しく思います」と読者に呼びかけると、「今後とも私たち家族3人をどうぞよろしくお願い申し上げます」と、有村と息子との3ショットを公開した。

有村も同日、第一子の誕生をブログで報告。「無事に生まれてきてくれた夜は感動で眠ることができませんでした。これからも妻と支え合いながら、親子3人でたくさんの思い出を作っていきたいと思っています」とつづり、「代理母出産に関しては様々なご意見があると思いますが、これからも私たち親子3人を温かく見守って頂ければ幸いです」と締めくくった。

この投稿に「おめでとうございます。自分の事の様に嬉しいです」「本当に本当に、良かったですね!」「ますますステキな家族になって下さい」などの祝福コメントや、「他人が何と言おうと、育てるのはお二人です」「なんの落ち度もありません。私はいい選択肢だと思ってます」など、代理母出産に対する肯定的なコメントも多数寄せられている。

関連記事(外部サイト)