中田有紀 牡蠣にあたったことを告白「丸2日間、苦しんで…」

中田有紀 牡蠣にあたったことを告白「丸2日間、苦しんで…」

※中田有紀オフィシャルブログより

フリーアナウンサーの中田有紀(44)が、生まれて初めて牡蠣にあたってしまったことを自身のブログで告白。一連の経過を細かく報告している。

中田はセント・フォース所属のフリーアナウンサーとして、長きにわたって日本テレビの早朝のニュース番組『Oha!4 NEWS LIVE』でキャスターを担当。プライベートでは、2015年の夏に結婚し、2016年4月に第一子となる女児を出産している。

そんな中田が牡蠣にあたってしまったのは、旅先でのことだった。夕食を終えてちょっと飲める店を探していた中田は、「オイスター」の文字を掲げた店を見つけ、喜び勇んで入店。生牡蠣と焼き牡蠣を食べ、翌日も引き続き旅行を楽しんだ。

しかし牡蠣を食べた翌々日になると、朝からお腹が痛くなり、やがて、

「お腹を下しあせる」
「嘔吐しあせる」
「寒気がしてあせる」
「熱が出てあせる」

と、症状は悪化。観光の予定をすべてキャンセルして病院に駆け込んだ中田は、牡蠣が原因だと思わず、

「昨日、お刺身とお寿司を食べたんですけど
生ものはそれくらいで・・・」(中田)

「そのお刺身がよっぽど傷んでいたならアレだけど・・・」(医師)

と、申告したが、「ちなみに一昨日は牡蠣を食べました」と述べると、医師と看護師は顔を見合わせて「・・・・・それだ」と言ったそうだ。中田は、牡蠣にあたると症状が出るまで時間がかかることを知らなかったという。

そして中田は、1時間ほど点滴を受け、

「丸2日間、苦しんで
3日目、ようやく回復の兆しです」

「まだ本調子ではないので
うどんを1本ずつ、すすっています」

と、徐々に回復に向かっているよう。

「私、人生初めて
あたりました!!当たり
あたっちゃいました!!」

と、おどけた中田は、「宝くじでも買うかな?笑」と、つづっている。

関連記事(外部サイト)