東尾理子が父・修氏の誕生日をお祝い 幸せな家族写真公開

東尾理子が父・修氏の誕生日をお祝い 幸せな家族写真公開

※東尾理子オフィシャルブログより

プロゴルファーでタレントの東尾理子(41)が、「じぃじ67歳」というブログ記事を5月19日に公開。父で元プロ野球選手の東尾修氏の67歳の誕生日祝いの様子を報告している。

東尾修氏は、1968年にドラフト1位で西鉄ライオンズに入団し、1970年代から80年代にかけ、西鉄?太平洋クラブライオンズ?クラウンライターライオンズ?西武ライオンズで長らくエースとして活躍。内角を厳しく攻める強気のピッチングで鳴らし、通算251勝をあげて名球会入りを果たした。

そんな修氏が5月18日に67回目の誕生日を迎え、東尾は家族でお祝いをしたようだ。その様子を収めた写真には修氏、東尾、夫で俳優の石田純一(63)、石田との間にもうけた息子と娘らが映っており、孫からの手紙を受け取った修氏は、

「じぃじ、とっても嬉しそうで」

と、デレデレの様子。修氏がケーキに立てたろうそくの火を吹き消す写真も収められている。修氏といえば、現役時代は気性の荒さでも有名だったが、コメント欄には、

「じいじが、1番幸せそう」
「とても嬉しそうで、見ている私まで笑顔になりました!」
「可愛いい理汰郎君からの誕生日カードのプレゼント、さぞかし嬉しかったでしょうね!」
「幸せなお写真をありがとうございます
ホントステキなお写真、私は幸せな気分になります」

といったコメントが登場。修氏の“良いおじいちゃんぶり”には、ブログ読者も大いに和まされたようだ。

関連記事(外部サイト)