坂上忍『バイキング』卒業を控え心境を告白「最後までキッチリ務め上げる」

坂上忍『バイキング』卒業を控え心境を告白「最後までキッチリ務め上げる」

坂上忍『バイキング』卒業を控え心境を告白「最後までキッチリ務め上げる」

俳優の坂上忍が20日に自身のアメブロを更新。昼の情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)の卒業を控え、心境を告白した。

坂上は、10日のブログで「2月中旬からの、地獄の一ヶ月半も.....。半分ぐらい、過ぎたんですかね」とコメント。「各レギュラー番組の通常業務」「『バイキング』が終幕を迎えるので.....。特別企画的な、ロケ」と自身が出演する番組について述べ、「本格的な動物保護に関する準備の数々。プラス、新規案件の準備。なにより.....パグゾウの介護。そして、コウタのケアー」と闘病中の愛犬・パグゾウくんやコウタくんにも言及していた。

この日は「コウタくん.....元気です。ほんとに、病気なのかなとおもうぐらい。というか、なにかの間違いだったのでは?と、期待してしまうほどに」とコウタくんの様子を明かしつつ「通院は、続いておりますので.....。どこかで期待しつつも、一日一日を」とコメント。「パグゾウも.....良好です。ただ、パグゾウの方が見た目的には.....。いろいろ症状が」と説明し「ただ、相変わらず食欲はあるので.....。助かってますというか、パグゾウに助けられてます」とつづった。

続けて「保護ハウスの方は着々と準備が進んでおり.....。とはいえ、進んでいるのかいないのかわからないぐらい」と述べ「スタッフさん達も、8割方決定し.....。来週にも、全ての人が出揃うかな」と報告。一方で「しばらくはバタバタするでしょうね」とつづり「大きな荷物を自ら背負った感は否めませんが.....。そういう、性分なのかな」と自身の性格について言及した。

また「なにより大切なことは.....。残り10回となった『バイキング』を、最後までキッチリ務め上げること」とコメント。「不定期の特番も、複数抱えさせて頂いているので」と他の仕事についても言及し「これまで通り、キッチリ仕事をした上での.....。『新しい仕事』.....でなければなりません」とつづった。

さらに「ついつい、新しいモノへの情報ばかりが発信されがちですが.....。優先順位を間違えては、いけないのです」とコメント。最後に「花粉が.....。もう、鼻水は放置しようかな」と述べ「鼻水垂れっぱなしで『バイキング』に出演していたとしても.....勘弁してちょ」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)