木下ココが過去の「大雪タクシー争奪戦」振り返る

木下ココが過去の「大雪タクシー争奪戦」振り返る

※木下ココオフィシャルブログより

1月22日、関東地方で大雪が降り、東京では異例の23cmが積もり、多くの会社で「強制帰宅令」が出るなどしたため、夕方の時間帯に電車が大混雑。入場規制を行う駅も出るなど混乱した。ダイヤも乱れ、帰宅が困難になった人が続出した。そんな過去の体験をアメブロで振り返ったのがモデルの木下ココだ。

1月22日、木下はワークショップを開催する予定だったが、あいにくの天候のため、延期を発表。日程が決定次第再度アメブロで報告するという。景色を見てるぶんには雪はきれいだと述べる木下だが、前回の大雪の際の痛恨のミスをしてしまった。

木下はその日、一旦帰宅した後、夜のダンスレッスンに行った。終了後、電車のダイヤが大幅に遅れていてなかなか帰れない状態に。

「電車を諦めて駅からタクシーに乗ろうと思ったのに、タクシーも全然つかまらず1時間半、2時間くらいかけてようやく家に辿り着きました。みんな、電車がだめならタクシー。と、同じこと考えるから、タクシーの乗り場の行列もすごかったし、それをみた人は道で拾おうとする。そこら中で繰り広げられる、我こそは一早く帰りたい!合戦。夜雪が吹雪いている中でのタクシー争奪戦はこたえました」

タクシーに乗ったとしても、渋滞がすさまじく、通常よりも多くの金額がかかるもの。木下は「ああ、何で一度帰っていたのにレッスンに出たのだろうってこの日はすごく後悔したのを覚えています」と当時を振り返る。

こうした経験があるだけに、不要不急の外出は控えるようにしようという考えに至ったのだろう。

関連記事(外部サイト)