野呂佳代、『ラブジェネ』DVD化に感涙「#やっとだよ#21年#待った」

野呂佳代、『ラブジェネ』DVD化に感涙「#やっとだよ#21年#待った」

※野呂佳代オフィシャルブログのスクリーンショットです

元AKB48、SDN48のメンバーで、タレントの野呂佳代が、19日に更新したInstagram連動のアメブロで、ドラマ『ラブ ジェネレーション』がDVD化されたことへの喜びをつづった。

ドラマ『ラブ ジェネレーション』は、1997年に放送され大ヒット。木村拓哉と松たか子がドラマ『ロングバケーション』以来の共演を果たし、また松はこのドラマで月9初ヒロインを演じるなどかなり話題を呼んだ作品で、全11話の平均視聴率は30.8%を記録。放送から21年、16日にDVD&ブルーレイが発売された。

野呂はこの作品の大ファンらしく、「#ラブジェネレーション #やっと#やっとだよ#21年#待った#怖い 笑笑」とハッシュタグをつけ、パッケージ写真を公開。目がハートマークの顔文字や涙を流している顔文字をたくさん並べて、待ち遠しさとうれしさを表現した。

関連記事(外部サイト)