坂上忍『バイキング』最終回を迎え心境「実感が湧いておりません」

坂上忍『バイキング』最終回を迎え心境「実感が湧いておりません」

坂上忍『バイキング』最終回を迎え心境「実感が湧いておりません」

俳優の坂上忍が4月1日に自身のアメブロを更新。昼の情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)の最終回を迎え、心境をつづった。

坂上は、3月20日のブログで「なにより大切なことは.....。残り10回となった『バイキング』を、最後までキッチリ務め上げること」とコメント。「不定期の特番も、複数抱えさせて頂いているので」と他の仕事についても言及し「これまで通り、キッチリ仕事をした上での.....。『新しい仕事』.....でなければなりません」とつづっていた。

この日は「移動中.....である」と切り出し「今日は『バイキング』が最終回でしたので.....。みなさんとご挨拶といいますか、お別れもあり」と最終回を迎えた現場の様子を説明。「まだ、今イチ実感が湧いておりませんが」と述べつつ「ようやく、大きな区切りを迎えたことは間違いないようです」としみじみつづった。

一方で「このまま次のお仕事場へ向かうのでね」と他の現場に向かっていることを明かし「とりあえず、脳味噌を切り替えないと」とコメント。最後に、愛犬の写真とともに「これで、パパの時間が増えますね。それが、なにより嬉しい…..」とつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「本当に8年間お疲れ様でした」「子供達との時間が増えますね」「この8年間を忘れないよ」などのコメントが多数寄せられている。

関連記事(外部サイト)