小柳ルミ子『CHANEL』の店員から伝えられたこと「博物館に入る程のお品です」

小柳ルミ子『CHANEL』の店員から伝えられたこと「博物館に入る程のお品です」

小柳ルミ子『CHANEL』の店員から伝えられたこと「博物館に入る程のお品です」

歌手の小柳ルミ子が8日に自身のアメブロを更新。高級ブランド『シャネル(CHANEL)』の店員から、商品購入時に伝えられたことを明かした。

この日、小柳は「先日の収録で着ていました 最もCHANELらしい白ツィードに黒縁取りのジャケット」と『CHANEL』のジャケットを着用した自身の姿を公開。「パールのロングネックレス」「パールがアクセントになった薄いパープルのサングラス」「パールのイヤリング」とその他に身につけている『CHANEL』のアイテムについても説明した。

続けて「黒ジョーゼットのワイドパンツと合わせました」と全身ショットも公開。「このジャケットは30年近く前パリ本店で購入しました」と明かし、購入する際に店員から「このジャケットはCHANELの博物館に入る程のお品です」「誰かに差し上げたり処分したりせず大切に持っていてね」と言われたことを説明した。

最後に「そ〜なんだ」と納得した様子でコメント。「大切にしています」とつづり、ブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)