妊婦検診で“鉄欠乏症”を指摘され反省「なんだか赤ちゃんにも申し訳ない」

妊婦検診で“鉄欠乏症”を指摘され反省「なんだか赤ちゃんにも申し訳ない」

※長崎真友子オフィシャルブログより

フリーアナウンサーでアナウンサーの会社を経営する長崎真友子が20日、自身のアメブロを更新。妊婦検診で“鉄欠乏”を指摘されたことを明かしている。

「2週間ぶりの妊婦検診に行ってきました!糖負荷検査しました!週数からすると少し遅めです。」と、妊婦検診へ行ったことを報告した長崎は、「病院にはやめに行き、ブドウ糖を50gとかしてある炭酸水を飲む。1時間なにも口に入れず、採血!その1時間は息子がじっとしていないので寒い外でたくさん歩かせてあげる」と、病院での様子をつづっている。

逆子ではないことを確認してもらった長崎は一安心したものの、「そして採血から1時間後の血液検査結果。。。『鉄欠乏です』」と、指摘を受けたことを明かした。

“鉄欠乏”の指摘は初めてではなかったようで、「わー!!またか!!実は1人目妊娠中も鉄欠乏で、鉄を補うお薬を処方されました。その時もやはり食事などで鉄分が足りてなかったようです。」と告白。

「鉄欠乏性貧血になると、疲れを感じやすくなったり、動悸・息切れ、めまいや立ちくらみ、頭痛などといった症状があらわれるそうです。」「最近疲れがものすごいのとすぐに息切れしていたのでもしかすると少し関係があったのか?!」と疲れやすくなっていたようで、「私が栄養たっぷりの食事をしていなかったので、なんだか赤ちゃんにも申し訳ない」と、反省の気持ちをつづっている。

病院からはサプリメント服用の勧めがあったようで「今回は頑張って食事やサプリで補ってみてください、と言われたので、薬に頼らず頑張ってみようと思います!」「ほうれん草やレバーなどの鉄分たっぷりの食事に、サプリメント!」と、食生活の改善に取り組む姿勢も見せている。

また、「さて、もうすぐクリスマス!息子も少しだけ飾り付けをお手伝いしたクリスマスツリー」と、ツリーを飾り付けてしている様子や、「今日見ると、とても綺麗なクリスマスツリーになっていました!」と、ツリーの前で撮った写真も公開している。


【関連記事】
・妊婦検診で鉄欠乏症?!(長崎真友子 オフィシャルブログ)
・認可外保育園の保育料が20万超えで驚き「無理無理????」
・長崎真友子、第一子が待機児童になり納得できず「平等なチャンスが欲しい」
・長崎真友子、第一子が待機児童に「ワンオペ育児でも、会社経営していても、妊娠中でも、保育園入れてくれない」
・保育園の費用に約20万振り込んだ芸人、節約生活開始「叫ばせてくれ!!この正念場!!」