小林幸子 デビューに導いてくれた父に感謝、9歳の時の2shot公開

小林幸子 デビューに導いてくれた父に感謝、9歳の時の2shot公開

※小林幸子オフィシャルブログより

歌手の小林幸子(63)が自身のブログで、幼いころの父との2ショットを公開した。

小林は18日、

「父の日という事で、デビュー直前9才の私と父の写真」

とコメントし、小林と父の2ショットを公開。小林はトロフィーを、父はギターをそれぞれ手にしているもので、

「デビューに導いてくれた、父に感謝」

と父への感謝の気持ちをしたためた。

小林は1963年、9歳の時に「歌まね読本」(TBS系)でグランドチャンピオンに選ばれデビュー、天才少女歌手・ひばり二世として話題になった。なお小林は母の日にも、デビュー前の母との2ショットを公開し、
「一番のファンで応援者でいてくれたお母さん
大好きだよ、お母さん」

と言葉をつづっていた。

これを見たファンからは、

「私も幸子さんのお父様が歌手の道に導いてくれて本当に感謝です!
幸子さんの歌が私に元気をくれます!」
「さっちゃんは本当にかわいいね!」

などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)