インリン、台湾地震の状況をつづる「信号も木も倒れそうなくらい」

インリンが「信号も木も倒れそうなくらい」と18日に発生した台湾地震の状況を報告

記事まとめ

  • インリンが、18日に発生した台湾東部・花蓮県を震源とする地震の状況を報告した
  • インリンは地震発生時の状況を「信号も木も倒れそうなくらいでした」と振り返った
  • 読者からは「被害が拡大しないこと、私も願ってます」などの声が寄せられている

インリン、台湾地震の状況をつづる「信号も木も倒れそうなくらい」

インリン、台湾地震の状況をつづる「信号も木も倒れそうなくらい」

※インリンオフィシャルブログより

タレントのインリンが18日に自身のアメブロを更新。同日発生した台湾地震の状況を報告した。

台湾の中央気象局によると、台湾東部・花蓮県を震源とするマグニチュード6.1の地震があり、同県の一部で震度7を観測。

インリンは地震発生時の状況を「急に携帯の地震警報が鳴り その3秒後に大きな地震がきて、信号も木も倒れそうなくらいでした」と振り返り、「そして、次の瞬間…建物の中から次々と人が飛びてきた!そのくらい大きな地震!」と明かした。また、その後利用したバスでは「人々の交通手段は一時バスに集中していましたので、ものすごく混んでました!」とその様子を写真で公開。

「とりあえず無事に家に着いて、子供達も無事に帰ってきて顔見てホッとしました。」とつづりながらも、「台北でもこのくらいすごく揺れていましたので、震源地の花蓮はもっと揺れて、被害が沢山出ているようでとても心配ですね。これ以上被害が広がらないことを祈ります。」と心配する様子でブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「私も妹が台北に住んでいるため、心配しておりました。かなり揺れたのですね。」「日本でもニュースや速報で流れて心配しました」「被害が拡大しないこと、私も願ってます」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)