“産後ケアセンター”でおっぱいマッサージを受け「ふわっふわになります」

“産後ケアセンター”でおっぱいマッサージを受け「ふわっふわになります」

※宮内知美オフィシャルブログより

元ミニスカポリスの宮内知美が20日、アメブロを更新。おっぱいマッサージをしてもらった時の様子を報告している。

現在、42才の宮内は、今年の11月に第1子を出産。退院後には“産後ケアセンター”に入所していることをブログで明かしていた。

「今日で最後のデイケア 最後のおっぱいマッサージ。」とつづった宮内は、「飲み残したおっぱいでカチカチになっていても助産師さんに揉んでもらうと軽くなってふわっふわになります。」と、その効果を実感している様子。

また、「おっぱいマッサージは母乳を無駄にしてしまうことになるので 途中、全部母乳を捨てたらもったいないとおにぎりくんに飲んでもらったり」「おかげで初憧れの添い乳が体験できました」と、嬉しい報告もしている。

退院した直後はいろいろな悩みもあったようで、「前回のショートステイ時はおっぱいがじょうずに飲めず 飲ますことができず いろんな助産師さんにアドバイスを受けすぎて悩んだ時期もありましたが」と、以前のことを思い返した宮内。「いまは母乳もだいぶじょうずに飲めるようになり 順調に身体もしっかりして焦点も合うし声に目で反応できるようになったり メリーをパンチしたり(笑)」「二人で少し、成長できたかな。」とその変化についてつづっている。

「自分だけで育児や家事が苦しいとき 誰かに支えてもらったり励ましてもらえたり甘えてもいいってわかるだけで心が軽くなれるから ほんと、産後ケアが必要だなーと。」とつづり、産後ケアの大切さについて語っている。

最後には、「明日からまたリスタート 今日だけはあと、数時間ゆっくりのんびりしまーす」と述べ、赤ちゃんと手をつないでいる写真も公開している。


【関連記事】
・デイケア。(宮内知美 オフィシャルブログ)
・42歳の初産、46歳の帝王切開…リアルな高齢出産がつづられるブログで手に入れる「情報」と「勇気」
・妊婦検診で“鉄欠乏症”を指摘され反省「なんだか赤ちゃんにも申し訳ない」
・ミス・モンゴル、妊娠後期入り健診で“脱水状態”指摘される「食べた物全て受け付けず」
・ 保田圭 産休へ、ギリギリまで仕事に感謝も「明日からはベビちゃんとの時間に専念」