松本志のぶ、主演男優賞の菅田将暉との写真を公開「今後が、益々楽しみ」

松本志のぶ、主演男優賞の菅田将暉との写真を公開「今後が、益々楽しみ」

※松本志のぶオフィシャルブログより

フリーアナウンサーの松本志のぶが20日にアメブロを更新。自身が選考委員を務めている「第42回報知映画賞」主演男優賞の菅田将暉と同じく選考委員のLiLiCoとの3ショットを公開している。

「2017年はまさに「菅田将暉の年」でしたね。忙しすぎて体が心配だったけど、人間ドックの結果も「超健康だった」そうで。24歳の今後が、益々楽しみです。」と、菅田の活躍ぶりについて言及した松本は、このほか、役所広司や特別賞を受賞した『Ryuichi Sakamoto: CODA』のスティーブン・ノムラ・シブル監督らとの写真も公開。

さらに、「作品賞 邦画部門を受賞された「あゝ、荒野」チームの皆さんと」」と記念写真を載せた松本は、「夫・岩代太郎が音楽を担当していたんですが、今日は都合が合わず出席出来なかったので、、、変わりに?チームに入れていただき写真を撮らせていただきました」と、一緒に写真を撮ることになった経緯を明かしている。

「選考委員9年目。今年もたくさんの素晴らしい作品と出会わせていただきました。小さい子供を抱えながらの作品チェックにはかなり大変なものがありますが」と、その大変さについて明かしたものの、「受賞された皆さんの笑顔を見ると、そんな苦労も吹き飛ぶというものです。受賞された皆さま、おめでとうございます。すべての映画関係者の皆さんに、感謝の気持ちと拍手をお送りします!」とつづっている。

報知映画賞は、報知新聞社が主催の1976年に設立された映画賞。毎年、12月に授賞式が行われている。

【関連記事】
・報知映画賞(松本志のぶ オフィシャルブログ)
・『ドクターX』監修の医師が、認知症の母から教えてもらったこと
・ももクロ・有安杏果 『ももクリ』ライブへの思い「初心を忘れたらダメだよね!」
・妊婦検診で“鉄欠乏症”を指摘され反省「なんだか赤ちゃんにも申し訳ない」
・幼稚園からのクリスマス弁当を指定する手紙に困惑「地味に困るやつね」