大家志津香 AKB総選挙についてつづる「おせっかいババァの言葉」

大家志津香 AKB総選挙についてつづる「おせっかいババァの言葉」

※大家志津香オフィシャルブログより

AKB48の大家志津香(25)が自身のブログで、AKB48選抜総選挙について、思うことをつづっている。

先月31日に、AKB48 49thシングル選抜総選挙の速報結果が発表。指原莉乃(24)、松井珠理奈(20)ら有力メンバーを抑えて暫定一位となったのはNGT48の荻野由佳(18)であった。さらに選抜メンバー(上位16人)にNGT48のメンバーが3人ランクインしている。

この結果を受け、大家はブログを更新。

「それぞれの劇場と繋がった中継を見ていて、
発表の1つ1つに
全員で、そして全身で全力の喜びを表現するNGTには
心惹かれるものがありました。
大家ヲタも数人NGTに流れて行きましたが、
これはもう納得のファン流れでございます。」
「こんだけNGTを褒めておいて
言いづらいのですが
昔の自分を思い出しました。」

と前置きし、

「総選挙は、とてもユーモア溢れる
時に残酷なイベントだと思います。
第1回から参加して
今年で9回目。
ランクイン2回、圏外6回。
いままで
総選挙では沢山の感情を知りました。
「こんな風に思ってしまう自分が嫌いになりそう」と、
自己嫌悪に陥るような苦しみも
ここでしか味わえない底知れない喜びも
自分の語彙力ではうまく表せない気持ちをいっぱい知りました。
『なんでこんな気持ちにならなくちゃいけないんだろう。』
って思う事もあった。」

と、理不尽と思えることもたくさんあったことを明かしながらも、

「でも、今になって
どの感情も
《自分》を作ってくれる大事な部品だったのだと気付きました。」
「昨日は色んな涙が流れたと思うけど、
どの涙も人生の糧になると思う!」
「「あれはあれでよかった」
と思える日がくると私は思います。」

とコメント。現在の総選挙を戦うメンバーに対して、

「総選挙に参加して
ツライ思いをしているメンバーには、
悲観せずに、
自分とファンの方を信じて
最高の人生の思い出を作って欲しいです!
そして私もそうしたいです」

とメッセージを送った。

自身は「おせっかいババァの言葉」として、アプリで加工した写真を公開しているが、そんな大家のあたたかい思いやりに、ファンからは、

「経験者にもしか言えない言葉ですね。」
「大家志津香に惚れ直しました。」
「他者を自分のことのように思いやれるあなたは素敵です!」

といった称賛の声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)