あいのり・でっぱりん、娘を連れてフィリピンの小児科を訪れるも「男の子だと思ったらしい」

あいのり・でっぱりん、娘を連れてフィリピンの小児科を訪れるも「男の子だと思ったらしい」

あいのり・でっぱりん、娘を連れてフィリピンの小児科を訪れるも「男の子だと思ったらしい」

恋愛観察バラエティー番組『あいのり:Asian Journey』(Netflix・フジテレビ系)に出演していたでっぱりんが21日に自身のアメブロを更新。娘を連れてフィリピンの小児科を訪れた際のエピソードをつづった。

この日、でっぱりんは「あと2日で娘は4ヶ月になります」と報告。「友達に小児科を教えてもらったので昨日は娘の小児科へ行きました」と病院へ足を運んだことを明かし「セブで、結構大きい病院みたい!」と説明。「娘はなんと、7.4kgになってた」と体重計に乗った娘の写真を公開し「めっちゃ大きくなったやーん!」と成長を実感した様子でコメントした。

続けて「日本は、ワクチンの種類ごとに注射を打ちますがセブ島では3種類くらいのワクチンを1つにして1回だけの注射」と説明し「娘は足に注射された」と報告。「注射して、針抜いて2秒後くらいにフンギャーフンギャーと泣いてすぐ泣き止んだ」と娘の様子をつづり「日本だと無料ですが、フィリピンではお金がかかります 日本円で約10000円」と値段を明かした。

また「先生はオムツをとって、見るまでは男の子だと思ったらしい」と医師が男児だと勘違いしていたことを明かし「“ニコ”という名前は男の子の名前だし、大きいから男の子やと思ったんだって」とコメント。最後に「優しく寄り添った話をしてくれるので良かった」と安堵した様子でつづり、ブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)