狩野英孝、除霊不可能だった“呪いの人形”との写真を公開「目が光ってるように見えました。。」

狩野英孝、除霊不可能だった“呪いの人形”との写真を公開「目が光ってるように見えました。。」

※狩野英孝オフィシャルブログより

お笑いタレントの狩野英孝が2日アメブロを更新。自身が司会を務めるシネドラバラエティ・エンタメ?テレの『怪談のシーハナ聞かせてよ。』のロケで出会った“呪いの人形”との写真を公開した。

「怪談のシーハナ聞かせてよという番組で百物語やってきました。。12時間以上かけて100話、怪談をするという過酷な企画。。。無事にロケを終えて、帰ってきました」と報告した狩野は「疲れた、、怖かった、、オンエアお楽しみに。。」と疲れた様子でつづった。

続けて「写真は、霊媒師さんも除霊出来なかった呪いの人形。収録中、チラチラ人形に目をやると照明に照らされ、人形の目が光ってるように見えました。。写真撮るのも怖かったです。。」と人形とのショットを公開した。

この写真公開に「ちゃんと除霊してもらった?!」「ゆっくり休んでくださいね」「怖い夢見ませんように」など狩野の身を心配する声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)