竹原慎二 膀胱摘出時の画像公開「ラストチャンスをもらった」

竹原慎二 膀胱摘出時の画像公開「ラストチャンスをもらった」

※竹原慎二オフィシャルブログ・ヘッダー

元プロボクサーの竹原慎二(44)が、膀胱ガンを患っていた際に受けた膀胱摘出手術の時の実際の画像を自身のブログで公開した。

2年前に膀胱ガンを患っていることを公表し、一時はステージ4という一般的には末期と呼ばれる状態まで病状が悪化していた竹原だが、今年6月から、自身のガン奮闘記を少しずつブログで詳細に渡り明かしている。同じ病を抱えた人に対する思いを綴ることも多く、最近では乳がんを患っている小林麻央(34)に

「麻央ちゃん 頑張れ?
負けるな祈ってるよ」

とエールを送ったこともあった。

竹原は、これまでに、自身の膀胱は全摘出し、小腸で新膀胱を作るという手術をおこなったことを報告しているが、今回のブログでは、実際に竹原の体内に入れられたカメラが録画していたという膀胱摘出の瞬間の様子を公開。これはテレビ番組に出演したときに紹介されたもので、番組ではその後医師が新膀胱の作り方を解説したという。

竹原は、当時

「ここにたどり着くまで色々あったんだけど でも最後の最後のギリギリのところで神様にラストチャンスをもらったと思っている」

とコメントしたことを、ブログで改めて振り返った。コメント欄には、

「道しるべとして竹原さんのブログをこれからも拝読させて下さい。」
「私も竹原さんのようにいろいろ調べて最善を尽くしたいと思います。」

など同じ病を自身や周囲が経験している人からの声が多く寄せられている。

関連記事(外部サイト)