酒井若菜、ナイナイ岡村らとご飯会を開催「岡村さんは私の宝物」

酒井若菜、ナイナイ岡村らとご飯会を開催「岡村さんは私の宝物」

オフィシャルブログより

女優で作家の酒井若菜が、ナインティナイン・岡村隆史、浅草キッド・水道橋博士とご飯会をした様子を自身のアメーバブログに公開した。

岡村と水道橋博士がプライベートで会うのは24?5年振りとのことで「その記念すべき再会の場の立会人、仲介人として駆り出されたのが私 いや、私では頼りなさすぎるのでは…笑」「『浅草橋ヤング洋品店』を素人として観ていた私には、お二人が揃う光景は、さすがにちょっと緊張するかもしれない」と、当日までドキドキしていたことを明かした酒井。

だが「いざお二人の顔を見たら、全然緊張しませんでした」と語り、トークにうっとり聞き惚れていたと告白した。

続けて「男として芸人としてかっこいい」と綴る2人とのエピソードを披露。水道橋博士については、「かつては怖い存在だった」と語りながらも「凄まじいお洒落さんなので、お会いするたびに、その日身につけている何かを必ず私にかっぱらわれるのです」というまでの関係になったことを告白し、酒井がエッセー集『酒井若菜と8人の男たち』を執筆し、一番関係性が変わった人物として紹介している。

また、岡村についてはプライベートで会うのは6年振りということだが、

「優しさが年々、いや、日に日に増していく、いや、日に日に本来の姿に戻っていく岡村さんの姿を見られることが本当に嬉しくてたまりません」「二度とひとりぼっちで奈落の底を彷徨うことはさせません 絶対に 岡村さんには、幸せになってほしい だって、私の宝物なんだもの」と、2010年に一時芸能活動を休養していた岡村に愛あるメッセージを贈った。

関連記事(外部サイト)