紺野あさ美 日々の“名もなき家事”に共感「小さな事がたくさん」

紺野あさ美 日々の“名もなき家事”に共感「小さな事がたくさん」

※紺野あさ美オフィシャルブログより

フリーアナウンサーの紺野あさ美が23日に自身のアメブロを更新、「名もなき家事」について語った。

紺野は、「美容室に行った時、ふと読んでみた雑誌で発見した言葉 「名もなき家事」」と切り出すと、「炊事、洗濯、掃除みたいに 名前のついていない家事 たくさんあるよな?と、つい熟読」と関心をひいた言葉を紹介。

そしてその一例として、「紙パックを洗って開いて乾かしてまとめる」ことを挙げており、自身が豆乳をよく読み、夫で北海道日本ハムファイターズ所属の杉浦稔大投手も水代わりに牛乳を飲むという紺野家では「週一度の紙ゴミの日を逃すとここまで溜まる…」として、大量の紙パックのゴミの写真も公開した。

そして「名もなき家事って 誰が名付けたんだろう ほんと、小さな事が たくさんありますよね」と締め括っている。

ファンからは「うちも紙パック良くでます!」「パックの紙が固かったりしてなかなか大変ですよね」などの共感の声の他、「うちん家では紙パックを乾かしてから開けてカットして保存してますよ!」「うちも開いて乾かしたのをある程度ストックして、お肉系を切るのに使用してます。」などのアドバイスも寄せられていた。

2001年にモーニング娘。に加入、2006年に卒業し、大学に進学した後、2011年にテレビ東京のアナウンサーとなった紺野。昨年1月には杉浦投手との結婚を発表し、3月にテレビ東京を退社。9月には第一子となる女児を出産し、現在は育児中心の生活を送っている。

関連記事(外部サイト)