満島真之介 木村拓哉への愛を語る「写真を待ち受けにしていた」

満島真之介 木村拓哉への愛を語る「写真を待ち受けにしていた」

配給:ワーナー・ブラザース映画 (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

4月19日(水)、都内で映画『無限の住人』のジャパンプレミアが行われ、主演の木村拓哉、共演の杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、満島真之介、三池崇史監督が登壇した。

沙村広明原作コミック『無限の住人』を三池崇史監督が実写映画化した本作は、剣力集団・逸刀流に両親を殺されてしまった少女・凛(杉咲花)が不死身の肉体を持つ男・万次(木村拓哉)に用心棒を依頼し、両親の仇を討つために戦い続けるというアクションエンターテイメント。

木村は、ヒロインを務める杉咲との関係性について、「自然と彼女のことをエスコートできる自分を嬉しく思いますし、腕をくっと出すと手を通してくれる杉咲さんがいることがすごく嬉しく思います」と全国10都市を巡る映画のキャンペーンを通して、絆がより深まったことを実感した様子。杉咲も、キャンペーン中に木村が劇場に入れないファンのために挨拶をする機会を作ったことを明かし、「改めて自分のことだけではなくて、相手のことを思いやっている姿を拝見して、すごいなと思いました」と木村の人となりを絶賛していた。

また、危険極まりないキャラクター尸良を演じた市原は、「動物くさい人間だったので、毎日毎日ハイエナが生きたままの動物を捕獲する動画を見ていました」と異常な役作りを暴露し、会場をどよめかせる。続いて、心得を持って戦いに挑む 凶戴斗を演じた満島は、撮影現場での心得として「心得の一、木村拓哉の懐に素早くはいる。心得の二、撮影所の食堂で木村さんと写真を撮る。1日目に2つとも成功しまして、そこからは撮影がすごく順調にいきました。僕は動物のえぐい動画ではなくて、木村さんの写真を待ち受けにして撮影していました。かっこいいですもんね。」と木村への愛を語り、会場の笑いを誘った。

最後に、木村は「要所要所で目を覆いたくなる瞬間、体全身に力が入る瞬間があるとは思うのですが、懲りずにスクリーンと向き合っていただけたら嬉しいと思います。最後の最後まで、全身で受け取ってください。」とコメントし、イベントは大盛り上がりのうちに幕を閉じた。