アラサーロリィタシンガー・有坂愛海、亡きファンの追悼ライブ開催発表 反響に感謝

アラサーロリィタシンガー・有坂愛海、亡きファンの追悼ライブ開催発表 反響に感謝

※有坂愛海オフィシャルブログ・ヘッダー

アラサーロリィタシンガーソングライターを称する有坂愛海が、21日に自身のアメブロを更新。19日および20日に更新したブログに対する反響について感謝の意を示し、コメントした。

有坂は、19日のブログで55歳で亡くなった男性ファンの追悼ライブをすることを発表。「私がお知らせするのも不思議と思われるかもしれませんが ご家族がいらっしゃらないので代表してお知らせ致します。」として、訃報を伝えるとともに、「「おっきゃんは楽しい人だったね」とみんなで集まって故人の思い出話を話す日がないと、寂しすぎるなぁと思って。明るくにぎやかな事が好きだったので楽しくみんなで集まれば本人もきっと喜んでくれることと思います。」とコメント。

続いて更新したブログによれば、「おっきゃん」という愛称で知られたこの男性ファンは、10年間殆ど全部の有坂のライブに足を運んでくれていたという。しかし、大動脈乖離の手術後に来なくなり、SNSの更新も停止。そんな「おっきゃん」が心配になり、有坂は「事務所も入ってないし、迷惑をかけるメンバーもいないので自分の意思でおうちを調べて会いに行きました」と、会いにいくことを決意したと説明する。

有坂は「事情が事情だからしたけど ノーアポで自宅を調べて訪ねて言ったら常識的にダメだよ笑 まねしないでね。」と注釈をつけながら、情報の断片を集めてようやく自宅を訪れたことを報告。近所の方から自宅で亡くなっていたことを知らされたという。

「ファン亡くなるってキツイよ。」「年数とか、頻度とかってより 支柱をなくしたような気持ちもある。」「10年間平行線の世界だった ごめんね」など、辛い気持ちを吐露した有坂。「お葬式がないなんて無念だろうし、私がやったるわ!と思った 古参の特別扱いかもね 二度とやりたくはないね 二度目はないので 孤独死に気をつけてね、まじで」とつづった。

この有坂のブログは大きな反響をよび、21日に更新したブログでは、追悼ライブについてネット上で多数取り上げられていることについて感謝し、「「知らなかった」は悲しいことなので引き続き彼のお知り合いに届きますように」とコメント。最後に、「バリバリ頑張るね。バリバリ売れたいぜ バリバリ再生して! 本気なら会いに行けばいいんじゃない? 本気だから十年間、ずっと欠かさず来てくれた、彼は若くして無念だろうけど後悔はないはず。」「君も私も、限りある命「今度遊ぼう」という口約束でなく本気なら会いに行けばいいんじゃない?」とつづった。

ブログ読者からは、「あなたの真摯な姿勢に本当に感動しました。素敵な人だなぁ。おっきゃんさんもきっとあなたのファンでいて良かったと思ってくれているでしょう。これからもファンを大事にして頑張ってください。応援してます。」「あんた最高にかっこいいよ」「自分を信じて ありのままに生きる姿に感動しました。」などという声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)