自称カトパン似芸人の餅田コシヒカリ 最後の『細かすぎて』出演に感謝

自称カトパン似芸人の餅田コシヒカリ 最後の『細かすぎて』出演に感謝

※餅田コシヒカリオフィシャルブログより

フリーアナウンサー・加藤綾子のものまねで知られるものまね芸人の餅田コシヒカリが22日にアメブロを更新し、大好きな番組に出演したときのことをつづっている。

餅田は「昨日はなんと、、私の大好きな憧れの番組、とんねるずのみなさんのおかげでした「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 ファイナル」に、事務所の大先輩キンタロー。さんと出演させていただきました!!!!!」とファンに報告し、出演時の写真を公開。

そのときのネタについて餅田は、「もちろんカトパンで」「勝負角度での出場でしたが、たくさん反響いただき嬉しい限りです!」「体と顔のアンバランスさに、CGだとか、アイコラだとか…笑」ともつづっている。

そして、「なにより、自分が小さい頃からずっと憧れていた番組に、2年目で出れたことが何よりも幸せです。いろんな方に感謝です。まだまだ頑張ります!ここから頑張ります!」「チャンスをくださった皆さま、見てくださった皆さま、本当にありがとうございます」と、感謝の気持ちをつづっている。


【関連記事】
・細かすぎて伝わらないモノマネ選手権(餅田コシヒカリ オフィシャルブログ)
・自称カトパン似芸人・餅田コシヒカリ、“カトパンシリーズ”写真大公開に「かわいい」「似てる」の声
・キンタロー。最後の『細かすぎて』に出演「悲しく切なくなりました」
・三倉茉奈 にゃんこスター・アンゴラ村長の顔マネをノリノリ披露、佳奈は困惑
・香取慎吾ものまね芸人『新しい地図』の会員証が届き「宝物が増えました」