森口博子、記念撮影の直後にハプニング「悲鳴と大歓声がスタジオに響き渡りました」

森口博子、記念撮影の直後にハプニング「悲鳴と大歓声がスタジオに響き渡りました」

※森口博子オフィシャルブログより

歌手でタレントの森口博子が、21日に自身のアメブロを更新。テレビ番組の収録現場で50歳の誕生日を祝ってもらったことを報告し、写真撮影の際に起きたハプニングについても明かした。

6月13日に50歳の誕生日を迎えた森口。BS11で放送中の音楽番組『Anison Days 』の収録現場でも誕生日祝いをしてもらったといい、「ライブパート収録直後 酒井ミキオさん、ミッキーバンドのみなさんがサプライズでハーピバースデーを演奏して下さり、スタッフの方々から、ズッシリ花束とプリティーなケーキを頂き感激しました」と、ステージ上でひまわり50本の花束を抱える姿を公開。

「セットも突然、四方八方ハッピーバースデーに」と、シンガー・ソングライターの酒井ミキオやバンドメンバー達とお祝いムード溢れるスタジオで撮影した写真を公開し、「みなさんの、温かい愛を感じ ウルウルしちゃいました」「本当に、ありがとうございました」と感謝を述べた。

続けてプレゼントのケーキと花束を片手に笑顔の写真を公開した森口だったが、「実は、右手のケーキがこの直後……お皿から、落ちたんです!!」「そう!まるでドリフ!!!」とハプニングを告白。ケーキは酒井が見事にキャッチしてくれたというものの、「みんなの悲鳴と大歓声がスタジオに響き渡りました」「コントのようでした(笑)」と振り返った。

ケーキはかけらが少し床に落ちたものの、「メンバーやスタッフのみなさんが、サッサとお掃除して下さったり、すべてのカメラマンさんがその一部始終を回して下さっていたり。凄くない?」とチームワークの良さに感激した様子。ケーキはシェアして食べることができたようで「おいしかったです」と嬉しそうに報告した。「50歳になっても、手がかかる私ですが(笑)これからもよろしくお願い致します」と呼びかけ、「魂こめて ずっとずっと アニソンの名曲をお届けして行きます!」と意気込みをつづった。

この投稿に「みなさんの温かい気持ちと笑いが伝わって来ますね」「愛されキャラの博ちゃん、またまた素敵な誕生日祝い、うれしいことですね」「博子さんの憎めない性格が周りをそうさせてるのかな…本当素敵です」「これからもナイスなチームプレーで『AnisonDays』続けてくださいね」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)